世界車椅子バスケットボール大会

アドアストラ田島です。

今年もアドアストラ、盛りだくさんの内容でした。
私も多くの出張の機会に恵まれ、思いもがけない経験を積むことができました。

ちょっと前ですが11/18~20の3日間、北九州市で行われた車椅子バスケットボール世界大会のYou tube、ケーブルテレビでの放送の中継通訳をさせていただきました。

目の前で繰り広げられる車椅子を操ってのバスケットボールの迫力に息をのみ、そのエネルギーに魅了された3日間。生まれて初めてライブで見た3ポイントシュートや、180度に一瞬で車椅子を回転させ見事なディフェンスを行う選手たち・・、生まれつき足のない方、事故で失った方・・まだ10代後半や20代前半の若さの青年たちの素晴らしいファイトに、ここまでの状態に達するまで、どれだけの思いを経て、どのような葛藤に打ち勝ってきたのかと思い巡らすと涙が出そうでした。スポーツはもちろん、それなりのスキルを必要としますが、選ばれてここまできた選手たちを見ていると、何よりもその精神的な強さのもつ意味を身を以て教えてくれたような気がしました。

しなやかで強い精神力。それが何よりも自分を支えてくれる。当たり前かもしれませんが、頭ではなく心で感じた3日間でした。この経験をできたのも、アドアストラを起こしたから。一緒に仕事をしている仲間がいるから。感謝と強さを感じることができて本当によかったと思っています。

 

20160122_basket_3

 

シンガポール・香港への進出を考えていらっしゃる方へ!

アドアストラ田島です。

10月の下旬にまた、行ってきました。
9月下旬に行われた政府招聘の外国企業の方々の現地視察通訳の第二弾です。
今回は佐賀、福岡、鹿児島と一日一県ずつ回ってきました。

2回目ということもあり、食肉に関する濃い知識をさらに蓄積することができました。技術的なことのみならず、業界の方のご苦労や、いろんな思いを知ることで、さらにこのお仕事に対するクオリティを上げることができたと思っています。

このような経験を生かし、今度はアドアストラを通じて海外へと進出したい方々とぜひ、お話ができればと思っています。進出を希望される方々が成功に近づけるように、知識、経験、人脈を生かさせてください。

また、これからも詳しい記事をアップしていきたいと思います。

 

45203 saga kagoshima

食品関連の企業の方、飲食店で海外進出を考えられてる方に会いたい!!

アドアストラ田島です。
9月下旬、政府からの招聘で日本へ来られた海外企業の通訳として、鹿児島へ行ってきました。
政府関連ということで、企業の詳細については控えさせていただきますが、とても充実したお仕事をすることができました。
企業サイドから高い評価を頂き(ホッとしました)、10月末にも、同じく政府招聘企業の通訳の仕事が決まっています。一つ一つのお仕事が繋がっていることを実感しています。

政府は、積極的に、日本の農畜産物を海外へと紹介しています。

私たちアドアストラも、九州で食品関連のお仕事していらっしゃる企業、飲食店で、海外進出を考えている方々のお手伝いをしたいと願っています。現在、香港とシンガポールに強力なパイプがあり、ご期待に添えるサポートをいたします。海外を進出を考えられている方々、ぜひ、お問い合わせください!!  ご連絡をお待ちしております。

 

弾丸での同行出張!!

アドアストラ田島です。
ちょっと前になりますが、Tokyo Big Sightでの展示会参加と同じ7月終わりのお仕事でした。
7/28~7/31、FloridaのOrlandoで開催されたAHFE(人間工学の学会)にクライアント様に通訳として同行。
質疑応答や現場の急な場面に対応するという臨機応変さが求められる現場でしたが(ドキドキしっ放しでした)、
この仕事は現場で鍛えられる!といういつもの信念で最後までやり通すことができました。

7/28に日本を出たものの、太平洋を跨ぐため、ついたのは現地時間の29日。24時間かけて現地に行き、24時間滞在。さらに24時間かけて日本に帰ってくるという修行も乗り越え、壁を一つ超えたような気持ちになりました。これも経験。

現地で生まれたコンタクトをクライアントの将来につなげることもサポート業の一つ。どんな展開になるか楽しみです。

今までいろんな出張に行きましたが、(当たり前ですが)同じことは起きません。毎回が本番のようなもの。不測の事態を楽しむというのも海外サポート業の醍醐味かもしれません。緊張ってバネになると再確認しました。

アドアストラではこのような学会での同行出張も承っています。今まで、ただ通訳としてだけ雇われたケースはなく、海外進出のサポートの一環としての同行という形を取ってきています。主なサポート形式は、まず、クライアントが海外に打ち出したい製品等の機能を初めとした様々な内容を、その会社の社員になった気持ちで習得。その知識は、通訳や翻訳業務に携わる時のバックグラウンドとして役立ちます。その知識を踏まえた上で、通常任されているメールのやり取りや(内容は、その都度クライアントに確認を入れます)書類の作成を行います。その延長線上にあるのが同行出張。製品に対する知識だけでなく、その製品にかけるクライアントの思いまでを理解していることが、現場での自分の対応の基礎となり、現地でお会いする方々とのコミュニケーションに役立っていることは間違いありません。『ただの翻訳(通訳)会社じゃない』弊社のキャッチフレーズはこのような考え方から生まれたものです。

 

fwc-1

 

効果的な展示会出展ノウハウ

アドアストラ田島です。
東京ビッグサイトで7/6〜7/8に開催されていましたGIFTEX2016に、海外の会社の日本事業展開のサポートで参加してきました。
上海、香港から来たチームの一員として仕事をするという、とても貴重な機会。海外の会社と日本の企業様をつなぐという、日本人だからこそ携われるポジションに就けた事も、とても貴重な体験となりました。

展示会というスピーディな環境において、そこにいらっしゃった方々との短時間のセッションを次へとつながるように展開していくノウハウを蓄積しています。このような経験で身につけたことを、各企業様のケースに合わせ、実践していけるのが私たちの強み。

日本から海外へ。海外から日本へ。企業さまの海外展開の第一歩をアシストするアドアストラです。

海外への展示会出展を考えていらっしゃる企業の皆様方、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

info@adastra.co.jp