コミュニケーション論 その3

アドアストラ、田島です。
①を最初にブログに書いて、②はfbに書きました。

これからは、こちらに書き綴っていきましょう。

今日はちょっと休憩。音楽をどうぞ。

日本人は、感情も言語野で処理するらしい。
だから、言葉にだすことで、その思いが叶うように流れが向かう。
それは、『言霊』という言葉を生み出すきっかけとなった。

言葉が魂を持つと感じた日本人。
それは、魂と言葉をリンクできる人種だから。

Asymmetry — 非対称。
右と左が同じはずがない。

hqdefault

 

コミュニケーションとは

人前で話す機会が増えたADASTRA田島です。

今度の土曜日、コミュニケーションについてお話をさせていただくチャンスを頂きました。私にとってのコミュニケーションの基本は、人に関心を持つ事。

「この人はどんな事を考えているんだろう」

「どんな事が好きなんだろう」

「どんなことに興味があるだろう」

等々。関心があれば、その場に応じたふさわしい聞き方や、態度を取る事が自然になってくると思います。知識に頼った技術に走る前に(それが必要なときもありますが)、まず、目の前に居る人にまっすぐに眼と心を向けるコミュニケーションの基礎とも言える部分はここにあると思います。

これからも、コミュニケーション、日本人にとっての言語と脳の関係、気持ちの上げ方など、講演でお話させていただいている内容を少しずつご紹介しています。