ショービジネスにも対応!

アドアストラの田島です。
6月初め、杏里さんのディナーショーに通訳として参加させていただきました。
「キャッツアイ」「オリビアを聴きながら」「悲しみが止まらない」など数々のヒット曲を生み出した歌手、杏里さん。彼女の釜山でのディナーショーに関わらせていただきました。

日本サイドのクライアントは綜合企画さま。準備期間は約1ヶ月半。5月末に事前打ち合わせのために釜山へ。
6月の初めがショー。何かと慌ただしい中、事前の書類の翻訳は弊社で行い、打ち合わせ、メール対応、当日の現場へは私が入ることになりました。当初は日本と韓国の両方のプロモーターの打合せや機材の調整や控室での備品調整の通訳ということでしたが、実際の現場では韓国側と日本側の音響や照明のエンジニア、舞台監督の間に入り、プロの音楽シーンの厳しさと大勢の方が真剣にステージを作っていく真摯な姿に身が引き締まる思いでした。

絡まった糸をほぐすような丁寧な対応を要求されましたが、これも経験。

杏里さんの柔らかな笑顔と歌声に遠くに聴きながら、公演の間中もバックステージをスーツで走り回ったのは記憶に新しいです。いろんな問題を一つ一つ解決しながら、一夜開けて翌日には全て笑顔で挨拶ができ、とても良い雰囲気で現場を終えることができました。

今回のお仕事で得た、新しい人脈。ソウルのFM communicationのPeter、綜合企画の細名さん、私たちは同じ部隊で戦う戦士でしたね(笑) 仕事がきっかけで、宝物のような交流が生まれるって本当に気持ちに残ります。

アドアストラはこのようなショービジネスのサポートも行います。イベント企画などございましたら、ぜひ、お問い合わせください。粘りつよく対応いたします!

大商談会の準備は大変だけれども・・

Adastra田島です。
6月の終わりにグランメッセで”Visit Japan East Asia Travel Mart 2017″という商談会が開催されました。
日本政府観光局(JNTO)が官民一体で推進する日本の旅行業のための事業の一つです。

詳しくはここで↓
https://vjeatm.jp/j/

九州を中心に日本国中から100社、東南アジアの旅行業関係社が100社、それが集まっての一大商談会!
ここでの通訳62名の統括を弊社が行うこととなり、大変な日々を実は過ごしておりました。
全く初めての体験。アドアストラだけで全員を揃えることはできませんので、いろんな会社や学校の方との協力体制を組んでの仕事。泣いたり笑ったり、頭下げたり、色々ありましが、結果、通訳者、そして関係各社、クライアント様のご協力で無事終了。ここで得た経験は宝です。当日の様子は熊日新聞でも報道されていたようです。

最初は無理だと思ったけど、本当にやってよかったです。
最後の挨拶をした後、みなさまからいただいた拍手はまだ、耳に残っています。
ほんと、やってよかったぁ!!!

海外進出サポートを真剣に考える。(シンガポール編)

アドアストラ田島です。
今年(2017年)の4月の終わりにシンガポールへ行ってきました!!
もうあれから半年経とうとしています。うかうかしてると、「行っただけ」で終わりかねないので、形あるものに変えている、今の取り組みについて書きます。

なぜ、シンガポールなのか。
シンガポールは購買力平価での一人当たりGDPが世界第3位ととても購買力の高い国です。(ちなみに日本は、29位)
世界第4位の金融センターであり、世界の5大貿易港の1港。日本はシンガポールにとって第6位の貿易相手国という立場にあります。飽和状態の東アジアと比べると、まだまだ日本企業が進出する枠も大きく、海外進出としての国として検討する価値が十分にあると考えます。

食料など輸入に頼るシンガポールのディトリビュータの方々との出会いが全てのきっかけでした。海外に(特に今は飲食店に絞っています)進出した場合に必要となってくるディトリビュータとのパイプ、日本の士業の方々と呼ばれるような法律などを扱う方々、コンサル、物件探しや店舗を作るための業者など、ご紹介できるラインが次々にできて行く中、成功者の方がたとの接点も生まれ、よりこの国での事業展開に対し、積極的に関わりたいと願うようになってきました。

現在、2018年の一月より、海外進出のためのセミナーを開くために準備中です。詳細が決定しましたら、ご連絡いたします!
進出サポート業の準備を進めることの中にこのセミナー開催も含まれています。計画したことを実現することは決して簡単なことではありませんが、一つ一つ進めることで先に進んでいる実感もあります。

海外を目指される方、ぜひ、お問い合わせください。私たちも一緒に頑張ります。

 

2月は出張多かった・・

アドアストラ田島です。

2月の出張は3回でした。そのうち2回が政府の招聘事業。食肉に関するいろんな国々の方の研修に同行するというもの。

イタリア、アメリカ、カナダ、香港と様々な国から集まった食のプロたちと一緒に工場やスーパーマーケット、レストランを回りました。

カッティングセミナーにも参加し、日本の食に対する真剣さ、丁寧さを改めて再確認できたお仕事となりました。

3回目は日本への留学生の方々が在学中に九州の歴史や自然を学ぶツアーに通訳として同行。下調べをしているとはいえ、自分でも初めて行く場所だと気持ちがワクワクします。

食のプロや留学生の方々、この仕事をしているから出会えるという喜びがあります。きつい場面も時々ありますが、でも、帰る時には全て忘れています。毎回が反省と学びと緊張。この3つを同時に体験できることはとても幸せなこと。

4月にはまた、別な出張が待っています! 次は何が起きるのか楽しみ。

海外進出、サポートを考えていらっしゃる方。日本での外国人対応を考えていらっしゃる方々、15言語を扱うアドアストラに是非、お気軽にご連絡ください。

『Tabimook Kumamoto – 旅ムック熊本 英語版』お店紹介の翻訳を行いました。

『Tabimook Kumamoto – 旅ムック熊本 英語版』
fbでは、ここです↓
https://www.facebook.com/tabimook.kumamoto.english/?notif_t=fbpage_fan_invite&notif_id=1486605445120916

観光で来られた方々、住んでいてももっと熊本を知りたい方々のための観光情報誌。
その『旅ムック熊本 英語版』の英訳を弊社で行いました。見やすく読みやすい誌面が、観光に来られた方々のお供となることを願っています。
観光系にも強いアドアストラ。公的機関からの依頼も数多く受注しております。
熊本在住、もしくはその経験のあるネイティブスタッフが多言語の翻訳にあたり、日本人スタッフとの話し合いを通し、より正確な情報となるよう、みんなが地道な努力を続けています。

観光系で悩まれたら、多言語翻訳のアドアストラへぜひ♩