クライアント 環境省

発注元 綜合企画様、JAM Inc.様

言語 英語、韓国語、中国語

8p冊子x2冊(3言語)、チラシx1(英語のみ),電子看板翻訳x3言語、公園内設置予定の看板x2言語、PRビデオ出演手配

 

海外観光客に、阿蘇くじゅう国立公園だけでなく、日本の国立公園の魅力を理解してもらうためのプロジェクトの一部。

問題

「国立公園(National Park)」は、海外の観光客にとっては、「人が住まない、お店がない公園」というイメージが強いけど、日本の多くの国立公園はこれと違って、公園内にたくさんの人が住んでたり、お店があったり、市や町も公園内にあります。日本人には当然だけど外国人には未知の日本特有の国立公園文化を説明する必要があった。

阿蘇くじゅうも、日本語でも「世界最大級のカルデラ」や「毎年野焼きをする」というのを誇りとして謳いますが、熊本じゃない人はまず「カルデラって何?」「野焼きは何でする?ただ草を焼いてるだけ?」のように思う人が多くて、外国人はさらにカルデラや野焼きの知識が低いので、今までの宣伝物で阿蘇くじゅうのすごさが伝わりにくかった。

対策

阿蘇くじゅうや日本の国立公園に対して何も先入観がない人を想定して、パンフの内容を決めて、原文制作や翻訳作業に入った。「日本の国立公園は自然も保護されていますが、日本の国立公園の大事なところは、その公園の中に住んでる人たちの文化や伝統」やカルデラの基本的な説明、草原の歴史などを加えることで、阿蘇くじゅうの魅力を分かりやすい書き方で紹介できました。

看板も電子サイネージも、訳文がデータに流し込んだあと、表記の問題がないかネイティブにより全部チェックしました。この段階でいつも修正が非常に多くて、他の翻訳会社があまりやってくれない欠かせないステップ。

結果

国交省の厳しい英語や内容のチェックを受けて、担当者がパンフなどで伝えたいことを全部分かりやすくて、魅力的に伝わるように調整し、日本や阿蘇の文化が詳しくない外国観光客でも阿蘇くじゅうに行きたくなるように資料を作りました。