世界車椅子バスケットボール大会

アドアストラ田島です。

今年もアドアストラ、盛りだくさんの内容でした。
私も多くの出張の機会に恵まれ、思いもがけない経験を積むことができました。

ちょっと前ですが11/18~20の3日間、北九州市で行われた車椅子バスケットボール世界大会のYou tube、ケーブルテレビでの放送の中継通訳をさせていただきました。

目の前で繰り広げられる車椅子を操ってのバスケットボールの迫力に息をのみ、そのエネルギーに魅了された3日間。生まれて初めてライブで見た3ポイントシュートや、180度に一瞬で車椅子を回転させ見事なディフェンスを行う選手たち・・、生まれつき足のない方、事故で失った方・・まだ10代後半や20代前半の若さの青年たちの素晴らしいファイトに、ここまでの状態に達するまで、どれだけの思いを経て、どのような葛藤に打ち勝ってきたのかと思い巡らすと涙が出そうでした。スポーツはもちろん、それなりのスキルを必要としますが、選ばれてここまできた選手たちを見ていると、何よりもその精神的な強さのもつ意味を身を以て教えてくれたような気がしました。

しなやかで強い精神力。それが何よりも自分を支えてくれる。当たり前かもしれませんが、頭ではなく心で感じた3日間でした。この経験をできたのも、アドアストラを起こしたから。一緒に仕事をしている仲間がいるから。感謝と強さを感じることができて本当によかったと思っています。

 

20160122_basket_3