蜂もお任せください!

アドアストラ田島です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年の最後の出張は県内でした。
蜂関係のお仕事。養蜂場というところに初めて足を踏み入れ、蜂たちの働きやその働きをもっと有効化するための取り組みに触れることができました。

海外の業者さんと県外の某メーカーと熊本県内の養蜂場の間に入ってのお仕事。
事前に依頼内容を確認し、それに必要な用語や、その用語を使うために必要な知識を仕入れて現場に向かいます。
実際に対応する海外の方との雑談の中から単語を拾って、自分が辞書で調べた単語とのすり合わせや入れ替えを頭の中で行います。

一瞬一瞬が緊張に満ちていますが、それが集中力を刺激し、訳に必要だと思って調べてきた内容が言葉とその状況とリンクしていく。
通訳にリハーサルもやり直しもありません。本番のみです。その時に正確な内容を状況に応じた言葉で伝えることが私たちアドアストラの通訳だと考えます。機械のように訳すのではなく、人間関係も考慮に入れる。確かに気疲れもしますが、心地よい疲れです。

交渉ごとやトラブル解決のための通訳のご依頼はこの積み重ねによってリピートしていただいていると思っています。

2017年もどうぞアドアストラをよろしくお願いいたします。

 

honeystory_002